Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
メインコンテンツ
Recommend
プリマドンナ
プリマドンナ (JUGEMレビュー »)
フィリッパ・ジョルダーノ
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
素敵な先輩からのアドバイス

コロナの影響で、クラスレッスンが少し少なくなった分、成長過程にある生徒達に価値ある貴重な体験をより多岐にわたり提供できたらなぁと思い、

先週までは、ボディコンディショニングのクラスを行いおうち時間でもできるトレーニングを紹介しました。


そして今日は、海外で学びプロとして活躍する、有加ちゃんに後輩の中学生達の指導をしてもらいました。

とても美しい見本と的確なアドバイスで、子供達にも伸びやかな変化がみえて、とても刺激のある良い時間になったなぁと思いました。


有加ちゃんが学んできた豊かな経験を、後輩達に丁寧に伝えてくれるのは、本当に嬉しい事です。

そして子供達にとっても素敵な先輩からのアドバイスは親しみやすいしとても貴重なものになったと思います。


今後高校生以上のクラスも計画中です。

コロナを機に、これからも困難を機会にかえる新たな取り組みをしていきたいと思います。


posted by: erika-ballet | - | 23:55 | comments(0) | - |-
新型コロナウィルス対処方針に伴う新スケジュール

 新型コロナウィルス対処方針に伴う新スケジュールです。

○詳細は毎月配布するスケジュールにてお知らせします
○密を避けるため、学年やRADグレード(実力)を基に、1クラス10名以内になるようにクラス編成を致します。
○各学年ごとの成長過程に適応した課題を選び、少人数で待ち時間の少ない効率の良いレッスンが提供できるよう努めます。
○各レッスン毎に充分な換気、消毒、密にならない人の入れ換えが行えるよう、クラス間に20分の空き時間を設けます。

月曜日 
19:30〜      特別クラス(個人レッスン、トレーニング、リハーサル等)

火曜日
10:00-11:30   美容(大人初級)クラス 

      ★ 

17:00-18:10 小学生低中学年グループの1つ
18:30-19:45 小学生高学年グループの1つ
20:05-21:30   中学生以上グループの1つ

水曜日
16:00-17:00 未就学児
17:20-18:20 小学生低中学年グループの1つ
18:40-20:00 小学生高学年又は中学生グループの1つ
20:20-21:40   中学生以上グループの1つ

木曜日
19:30〜     特別クラス(個人レッスン、トレーニング、リハーサル等)

金曜日
10:00-11:30   美容(大人初級)クラス

  ★

19:10-20:25   小学生高学年又は中学生グループの1つ
20:45-22:00   中学生以上グループの1つ

土曜日
14:00-15:00 未就学児又は小1
15:20-16:20 小学生低中学年グループの1つ
16:40-17:40   小学生高学年グループの1つ
18:00-19:10   中学生以上グループの1つ
19:30-20:40 中学生以上グループの1つ

日曜日
14:00-15:00 未就学児又は小1
15:20-16:20 小学生低中学年グループの1つ
16:40-17:40 小学生高学年グループの1つ
18:00-19:15   中学生以上グループの1つ 
19:35-20:50 中学生以上グループの1つ

よろしくお願いいたします(*^-^*)

20200529_2412370.jpg

posted by: erika-ballet | - | 01:19 | comments(0) | - |-
ジュージアカルチャークラス再開のお知らせ

6月5日金曜日より、ジュージアカルチャークラスのレッスンを再開致します。


スタジオの換気、人と人との距離をとること、マスク着用によるレッスン、入退室時の手指の消毒、共用部分の消毒などコロナウィルス感染予防の対策をとりながら、レッスンを行います。


久しぶりに皆さんにお会いできるのを心待ちにしております!

posted by: erika-ballet | - | 23:24 | comments(0) | - |-
新型コロナウィルへの対策方針について

 緊急事態宣言が段階的に解除され、新型コロナウィルスと共存しながら、社会経済活動を取り戻すフェーズに入りました。

暫くは、第2波、第3波を危惧しながら気を引き締めて行動する必要がありそうです。

当クラスもコロナ禍に合わせた方針に転換し、生徒達により良い学びの機会を提供できるよう努力したいと思います。
20200525_2411374.jpg 
常時換気
スタジオには大きなドアが2つあり風通しが良く、レッスン中は常に換気ができる状態です。

熱中症対策として、空調を併用します。


レッスン人数制限
1レッスンは定員を10人以内にクラス編成します。
バレエで行うバーレッスンでは立ち位置が固定されるため、現存のバレエバーの長さから人と人との距離を2メートル空けるよう計算し、1レッスン10人以内にします。

各クラス間20分
クラス間を20分以上空け、共用部分の消毒・清掃、スタジオ内が「密」にならないような人の入れ換えに使用します。
20200525_2411376.jpg
入退室時の手指の消毒とマスク着用
ひとりひとりが感染を予防する意識を持って、自ら学ぶ機会を積極的に得ていくよう心がけます。適度に休憩をとり、良い身体の状態を保てるように見守ります。

 

コロナと共に歩む新生活様式、頭を切り替えてこの期を乗り越えていきたいですね!頑張りましょう!


 

posted by: erika-ballet | - | 10:38 | comments(0) | - |-
私に伝えられること〜topic 9 アレグロのステップ、シソンヌと展形について

今日はtopic 8に続くアレグロステップ、シソンヌぁ▲轡愁鵐未糧展形についてのお話の続編です。

ここで復習。シソンヌの発展形は
1、[シソンヌ・バッチュ]
2、[シソンヌ・チェンジ]
3、[シソンヌ・ドゥーブレ]
4、[シソンヌ・アントゥールナン]

この4つでしたね。今日は3と4についてみていきましょう。

★まず3、[シソンヌ・ドゥーブレ]について

解析としては、シソンヌ・ウーベルト+クぺ+移動するアッサンブレとなります。ここで言うクぺは片足〜もう一方の足への軸の移動、いわゆる踏みかえを指します!

私的に言うと、アイスクリームのダブルコーンのようなものです!
多くの人は、ふたつの違うフレーバーを選びます。どっちも捨てがたい、どっちも美味しい。でも組合せを考えないと・・どっちかにしとけば良かった(T_T)ともなりかねませんねぇ。でも組合せがいいと、何倍にも美味しくなる。それがシソンヌ・ドゥーブレです。なんの話や(^^;

「どっちも同じくらい」というところが大事なんです。シソンヌも移動、アッサンブレも移動。ふたつのお山。反動を使う。繋げる事で大きな力。やっぱりダブルコーンですね (  ̄▽ ̄)

[シソンヌ・ドゥーブレ]は大きくは4種類。

[シソンヌ・ドゥーブレ・アナバン]
前に進む
シソンヌ・ウーベルト・アナバン〜クぺ・アンダー〜アッサンブレ・アナバン

[シソンヌ・ドゥーブレ・アナリエール]
後ろに進む
シソンヌ・ウーベルト・アナリエール〜クぺ・オーバー〜アッサンブレ・アナリエール

[シソンヌ・ドゥーブレ・オーバー]
横に進む
前の足の方向に(右足前なら右へ)シソンヌ・ウーベルト・デコーテ〜あとから来る足を前の5番でクぺ・オーバー(踏みかえ)〜アッサンブレ・デコーテ・オーバー

[シソンヌ・ドゥーブレ・アンダー]
横に進む
うしろの足の方向に(右足前なら左へ)シソンヌ・ウーベルト・デコーテ〜あとから来る足をうしろ5番でクぺ・アンダー〜アッサンブレ・デコーテ・アンダー

です。

この応用編としては、シソンヌ・ウーベルトと同じく
アナバン、アナリエール時にはシソンヌ着地をアラベスクにするかアティテュードにするかの選択肢。
デコーテ時にはシソンヌに飛び上がる時にバットマンにするかデベロッペにするかの選択肢があります。
またシソンヌにバッチュを加えることもできます。
パキータ、パドトロアの男性パートには、[シソンヌ・ドゥーブレ・デコーテ・オーバー・バッチュ]が連続のマネージで出てきますね。あのパートを軽やかに踊るダンサーは素敵だなぁと思います。

★さて応用編の最後は、4[シソンヌ・アントゥールナン]です。

アントゥールナンは回転するという事です。

まずひとつめは以前にお話しした[シソンヌ・オーディネール]のアントゥールナンです。
例えば、右足前の5番〜両足踏み切りで右に1回転〜左軸、右足前クドゥピエに着地 のように。これは[シソンヌ・オーディネール・ドゥバン]のアントゥールナン

また、右足前の5番〜両足踏み切りで右に1回転〜右軸、左足前クドゥピエに着地 だと[シソンヌ・オーディネール・パッセ・ドゥバン]のアントゥールナンとなります。

最後にもう一つ[シソンヌ・ウーベルト・チェンジ・アントゥールナン・イン・アティテュード] もう今までのシソンヌをてんこ盛りという感じですが(^^)

例えば右足前のクロワゼ5番〜両足踏み切りで左へ4分の3回転(クロワゼ〜クロワゼへ)し、空中で左足軸、右足アティテュード・デリエールに足の前後を変えて〜その形で着地 です。
踏み切りの際、左回りであれば右側の体が回転の動きを助け、移動して足や向きが変わる瞬間に体のスクエアが一致するようにするのがポイントです!

以上シソンヌの発展形についてのお話でした。
またシソンヌの発展形を踊りの中に見つけてみてくださいね!そして、色々なシソンヌに親しんで下さい。

次はジュッテの仲間をご紹介します。お楽しみに(*^-^*)

posted by: erika-ballet | - | 15:10 | comments(0) | - |-
チャイコフスキーの誕生日

とっても綺麗な満月の夜です。

そして今日5月7日はチャイコフスキーの誕生日、そしてまたブラームスの誕生日でもあります。ふたりが一緒なんてすごい!!

ふたりの偉大な作曲家が遺した作品は、時を経ても褪せることなく、心に響いてきますね。どんな時でも、名曲には、聴くだけで豊かな経験ができる世界観があるなぁと思います。その世界観の中で心の旅をするのが、音楽鑑賞の醍醐味ですかね(^-^)

さて、チャイコフスキーは言わずと知れた、3大バレエの作曲家。「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」

1つのジャンルで、"3大" 全てを1人の作曲家が占めるのは非常に珍しいそうです。バレエの場合、チャイコフスキーとプティパのコラボレーションで黄金時代を築いた歴史が大きいでしょう。
またバレエの作曲は、劇場付きの作曲家が作品に合わせて作曲されていたことが多く、一流の作曲家からは少し下に見られていた傾向があったようです。

だから、チャイコフスキーのように、交響曲も協奏曲も名曲の多い一流作曲家がバレエ音楽を手掛けるのは珍しかったみたいです。 チャイコフスキーがバレエを好きでいてくれて良かった(*^-^*)

彼の音楽の優美さや華麗さ、そして広がりを持って盛り上がっていく曲調がクラシックバレエと相性が良いのでしょうね。気品や格調高さ、期待を裏切らない感じを表現しやすい音楽なのだと私は思います。


ちなみに興味があってバレエの作曲家の
誕生日を色々調べてみると・・

私の大好きな「ライモンダ」作曲グラズノフは、8月10日(^-^)/

こちらも大好きな「ロミオとジュリエット」「シンデレラ」作曲プロコフィエフは、4月23日(^-^)/ でした!

またどこかで、私の好きなお薦めクラシックやクラシック音楽系映画もご紹介しますね!

 

posted by: erika-ballet | - | 23:10 | comments(0) | - |-
私が伝えられること〜topic 8アレグロのステップ、シソンヌH展形について

今日はtopic 7に続くアレグロステップ、シソンヌ、シソンヌの発展形についてのお話です。

シソンヌの発展形は
1、[シソンヌ・バッチュ]
2、[シソンヌ・チェンジ]
3、[シソンヌ・ドゥーブレ]
4、[シソンヌ・アントゥールナン]

この4つです。今日は1と2についてみていきましょう。

★まず1、[シソンヌ・バッチュ]について

前にお話したシソンヌ・フェルメやシソンヌ・ウーベルトにバッテリー(足を打ち合わせビート感を出すこと)を入れるステップです。バッチュは難しいですが、これを入れることで、よりステップにキラメキが増します!ピアノの奏法トリルなどの装飾音符と似た役割だと思います。
例えば振り付けをしていて、使用している曲に装飾音符がたくさん入っているとステップにバッチュを入れたくなる(  ̄▽ ̄)という感じですね!

バッチュの打ち方は二種類、
シャンジュマン・バッチュ打ちか(アントルシャ・ロワイヤルのことです)
アントルシャ・カトル打ちか です。

アッサンブレ、ジュッテ、ブリゼの打ち方もこの二種類のどちらかなので覚えておくと便利です。

シャンジュマンバッチュ打ちは、例えば右足前の5番〜右足前で打つ〜着地時に足を変えます

アントルシャカトル打ちは、例えば右足前の5番〜空中で足を変え左足前で打つ〜着地時に足を変えます

[シソンヌ・バッチュ・フェルメ・アナバン]
[シソンヌ・バッチュ・フェルメ・アナリエール]
そしてこれらのシソンヌ・ウーベルトは、アントルシャカトル打ちになります。

例えば、[シソンヌ・バッチュ・フェルメ・アナバン]だと、右足前の5番〜前方へ飛び上がると共に、左足前に変え足を打ち合わせ〜右足前に戻し〜右足に着地のちすぐに左足後ろ5番に閉める です。

シソンヌ・デコーテ・オーバーとアンダーについては、シャンジュマンバッチュ打ちになります。
例えば、[シソンヌ・バッチュ・フェルメ・デコーテ・オーバー]だと、右足前の5番〜右方向へ飛び上がり〜右足前で足を打ち合わせ〜右足に着地して左足前の5番に閉める です。

シソンヌの基本形とアントルシャを身につけたら、1度シソンヌ・バッチュに挑戦してみて下さいね(*^-^*)

★そして次に 2[シソンヌ・チェンジ]について

シソンヌ・チェンジはシソンヌ・アナバンとアナリエールに関わる発展形でフェルメとウーベルトがあります。飛び上がる時に足の前後が変わり、着地するものです。つまりアナバンだと最初後ろにあった足に着地、アナリエールだと最初前にあった足に着地します。

[シソンヌ・フェルメ・チェンジ・アナバン]は、例えば右足前の5番〜前に飛び上がる時に、左足前、右足45度の高さの後ろに配置〜左足軸に着地してすぐに右足後ろ5番に閉める です。

これは、ロイヤル版のオーロラ3幕バリエーションに出てきます!何回も続くと結構体力を使うステップです(^^;
こういう場合、足の前後のみならずクロワゼ〜クロワゼに方向転換することも多く、やはりエポールマンの使い方が鍵になると思います。

もう一つの例は[シソンヌ・ウーベルト・チェンジ・アナバン・イン・アティテュード] 例えば右足前5番〜前に飛び上がる時に左足前、右足後ろアティテュードに配置し〜右足をアティテュードに保ったまま左足に着地です。
これはサタネラの男性バリエーションの2回目以降のシソンヌ・ウーベルトがチェンジになっていてこのあとにクペ〜アッサンブレに繋がります。かなり頻度の高いステップだと思います。

またシソンヌの発展形を踊りの中に見つけてみてくださいね!次回も発展形の続きについて3、4をみていきます。お楽しみに(*^-^*)

posted by: erika-ballet | - | 17:59 | comments(0) | - |-
ジュージアカルチャー教室 休講延長のお知らせ

 新型コロナウイルス感染拡大防止の為の緊急事態宣言を受け、5月6日まで臨時休講・休業中のジュージアカルチャー教室のクラスですが、事務局より、現状を鑑み当面の間(今のところ5月末まで)休講を延長するとのことで連絡を頂きました。詳細、問い合わせはジュージアカルチャーホームページにてご確認ください。ご理解ご協力いただきますようよろしくお願いします。

 

 事態が収束し、また皆様にお会いできるのを心待ちにしております。
 

posted by: erika-ballet | - | 13:06 | comments(0) | - |-
私が伝えられること〜topic7〜アレグロのステップ、シソンヌについて
 長いお休みが続いていますが、皆さんお元気ですか? 
 早くみんなに会いたいなぁと思う今日この頃です(T_T)
このような状況になると、普段どれだけ体を動かしているのか・・身に染みて感じますねぇ。

5月末まで休校が延長された学校もあり、収束の見通しは不透明でストレスや不安を感じる
ことも多いですが、こんな時こそじっくりと素敵な芸術作品に向き合って、古き良きものか
らたくさんのパワーをもらいましょう! 

さて今回はtopic6に引き続きシソンヌについてです!

前回は、^榮阿鯣爾錣覆ぅ轡愁鵐[シソンヌ・オーディネール]について でしたが、
今回は移動を伴うシソンヌについてです。 
〇移動の方向は4方向、アナヴァン(前)、アナリエール(後ろ)、デコーテ(横)の右と左です。
〇着地の形が2種類、フェルメ(閉じる)とウーヴェルト(開く)です。

この2つの要素が加わり、どの方向に進みどのようなポジションで着地し終わるシソンヌかが
決まります。

例えば、オーロラ姫の3幕のバリエーションやファラオの娘のアスピシアのバリエーションに
出てくるシソンヌは、[シソンヌ・フェルメ・デコーテ・オーバー]となります。

また、黒鳥のバリエーションやキトリの第1幕のバリエーションに出てくるシソンヌは
[シソンヌ・ウーヴェルト・アナヴァン]となります。

シソンヌの難しい所は、両足で踏み切った瞬間に軸足と動足に役目が分かれる為
、進行方向にある軸足に瞬時に体重移動をする点だと思います。基本的には軸足は胴の下で
まっすぐに伸ばしきります。両足を同じ程度に開く跳躍ではありません。
跳びあがる瞬間の頭部の位置や重心の置き方がポイントになると思います。

RAD では、シソンヌをステップとして学ぶ前段階に、キャラクターダンス(民族舞踊)の
カテゴリーで、シソンヌの要素を学びます。例えば、1番のドゥミプリエ〜両足で踏み切り
右へ移動し〜右足軸足ドゥミプリエ、左足フレックスで床にかかとをつける  などです。
余り難しくないステップに代えて、要素のみを取りだし指導してから、徐々に発展させていく
事は子供達が楽しく理解していく上でとても大切だなあって思います。

■フェルメとウーヴェルトの違いについてですが、

フェルメは、着地地点で床の上にポイントした足をすぐに5番のドゥミプリエに戻し、
次のステップが5番から始まるように繋げるシソンヌ。

ウーヴェルトは、着地地点で床から離れた動足(場合によっては床上にある動足)を一定時間保持し、
そこから次のステップに繋げるシソンヌ。ウーヴェルトのあとには、クペやパドブレ、シャッ
セパッセなどのステップが繋がる事が多いです。

■シソンヌ・フェルメ・デコーテの種類について

4種類あります。
シソンヌは進行方向にある足が軸足になるので、その足に対して動足がどのように入って
来るかで名前がついています。ただ、瞬時に考えるのは難しいので、どちらの足の方向に進み、
足の前後を変えるか変えないで覚えた方が瞬時に判断できると思います。

[シソンヌ・フェルメ・デコーテ・オーバー(dessus) ] 
前足の方向に跳び、足の前後を変える (例 右足前の5番〜右に跳び〜左足前の5番)

[シソンヌ・フェルメ・デコーテ・アンダー(dessous)] 
後ろ足の方向に跳び、足の前後を変える (例 右足前の5番〜左に跳び〜左足前の5番)

[シソンヌ・フェルメ・デコーテ・ドゥバン] 
後ろ足の方向に跳び、足の前後を変えない    (例 右足前の5番〜左に跳び〜右足前の5番)

[シソンヌ・フェルメ・デコーテ・デリエール] 
前足の方向に跳び、足の前後を変えない (例 右足前の5番〜右に跳び〜左足前の5番)

■シソンヌ・ウーヴェルトの着地ポジションについて

前や後ろに進むシソンヌ・ウーヴェルトは、動足の膝を伸ばした形(in arabesque)で終わる場合と
動足の膝を曲げた形(in atitude)で終わる場合があります。

横に進むシソンヌウーヴェルトは、動足を伸ばしたまま上げる場合(バットマン)と
動足の膝を曲げて上げてから伸ばす場合(デヴェロッぺ)があります。

ラ・バヤデール、影の王国第3ソリストのバリエーションに出てくるシソンヌは、
この[シソンヌ・ウーヴェルト・デコーテ・ウィズ・デヴェロッぺ]となります。


ダイナミックで華やかなアクセントになるシソンヌは様々な踊りに盛り込まれています。
色んなシソンヌを見つけてみてくださいね(^▽^)/


次回は、移動するシソンヌの発展形についてです。お楽しみに!



posted by: erika-ballet | - | 08:31 | comments(0) | - |-
私が伝えられること 〜topic6〜アレグロのステップ、シソンヌについて

 今日はtopic4に続く、アレグロステップ、シソンヌについてです(^−^)

 

RADでは、だいたい小学3年生にあたるグレード3〜シソンヌが教科書の内容に盛り込まれ、進行方向、回転などの要素が加わり発展していきます。では、シソンヌの概要、様々な種類と名称についてお話しします!

 

まずシソンヌは、はさみという意味で、2本足で踏切り、1本足で着地します。シソンヌは ^榮阿鯣爾錣覆い發痢,函´移動を伴うもの があります。

 

まず^榮阿鯣爾錣覆ぅ轡愁鵐未砲弔い討蓮

<シソンヌ・オーディネール>といって、5番のドゥミプリエ〜スーブルソーに飛び上がり〜空中の1番高いところで着地する足に重心を移し〜片足はドゥミプリエ、もう1方の足はクドゥピエ前か後ろにつけて終わるステップです。例えば、次にシャッセをしたり、アッサンブレをしたりと、次につながるステップに更に躍動感を与えるために入ることが多いように思います。ポイントは、垂直方向の跳躍のシャープさと、空中や着地での姿勢の安定感です。

 指導としては、5番のルルべ(シュス)〜片足へのフォンデュで姿勢や重心の置き方を練習し、スーブルソーで垂直方向の跳躍を練習します。

種類は4種類です。

 

<シソンヌ・オーディネール・ドゥバン> 例えば右足前の5番〜両足踏切でまっすぐ上に跳躍〜右足前クドゥピエ・左足軸足着地

 

<シソンヌ・オーディネール・デリエール>例えば右足後ろの5番〜両足踏切でまっすぐ上に跳躍〜右足後ろクドゥピエ・左足軸足着地

 

<シソンヌ・オーディネール・パッセ・ドゥバン>例えば右足後ろの5番〜両足踏切でまっすぐ上に跳躍〜右足前クドゥピエ・左足軸足着地 空中で足の前後が入れ替わります

 

<シソンヌ・オーディネール・パッセ・デリエール>例えば右足前の5番〜両足踏切でまっすぐ上に跳躍〜右足後ろクドゥピエ・左足軸足着地 空中で足の前後が入れ替わります

 

発展形は、<シソンヌ・オーディネール・アントゥールナン> 両足踏切りで一回転し着地でクドゥピエにします。連続回転のステップのつなぎによく使われます。特に男性舞踊手の踊りに多く使われていますね。

 

次回は、移動を伴うシソンヌについてです! 種類も発展形もたくさんありますよ。お楽しみに(^−^)

 

 

 

 

 

posted by: erika-ballet | - | 22:36 | comments(0) | - |-