Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
New Entries
メインコンテンツ
Recommend
プリマドンナ
プリマドンナ (JUGEMレビュー »)
フィリッパ・ジョルダーノ
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recent Comment
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
Sponsored links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スクールパフォーマンス2013を終えて
今日は、運動会にもってこいの秋晴れのいい天気
残念ながら私は朝から次の公演のリハーサルでしたが


さて、スクールパフォーマンスから2週間が経ち、レッスンも通常に戻って来ました

春先から、RADテストとパフォーマンスが続き、バタバタと練習に終われていましたが、久々落ち着いて通常レッスンに戻ると、なんかみんな上手になってる

まず練習に対する意識が高くなってるし、姿勢や重心の安定などの基礎が前よりずっと身についています

一曲、二曲ではなく相当量の振付を覚えてそれをこなすうちに、力が付いたんでしょうね
本当に嬉しいです。

バレエ教育は終わりのない旅ですがこうやって目に見える成果がみえた時は、次に進むエネルギーをチャージできるものです

またまた基本に戻って頑張るぞ育てるぞ


さて、話はスクールパフォーマンスに戻ります。

今年も実妹ゆりな率いるゴスペルクワイヤがオープニングとフィナーレに出演してくれて、歌声で舞台と客席をつなげてくれました

妹曰わく、今回はみんなでバレエを鑑賞し、その後に改めてフィナーレ曲「Bressing Abraham」の歌詞の意味を考えた時に、本当の意味がわかり光が見えたそうです

「アブラハムは人間の祖先で、脈々と受け継がれた遺伝子の続きに今私達が生きている。
ゴスペルもバレエも同じように、歌い継がれ、踊り継がれた歴史の続きに今日の舞台、明日の舞台があり、また新たな歴史ができて、次に繋がっていく。」

フィナーレはそういう思いで、ゴスペルメンバーが心を一つにして歌ってくれたそうです

それぞれの表現は違えど、演技を通して通じるものがあり本当に嬉しいです

一回目のパフォーマンス以来、ゴスペルメンバーも色んな場所で活躍しているみたいで、年々みんながゴージャスになってる気がします益々練習に励まれ、経験を積んでグレードアップされることを楽しみにしています

次回はまたバレエの話に戻りま〜す

to be continued

よい1日を
posted by: erika-ballet | - | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 16:08 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://erika-ballet.jugem.jp/trackback/76
トラックバック